miellogの日記

40歳目前に不妊治療を開始、KLCに通院し第1子を授かりました

40歳目前に不妊治療始めました。現在、KLC(加藤レディースクリニック)に通院中。

34W 産休に入りました

大変ご無沙汰しております。

 

先日、34週となり産休に入りました。

比較的お腹も目立たない方で、また、目立たない服を着ていたこともあり

職場では「妊婦」と気づかなかったという人も沢山いました。

つわりで約9Kg痩せ、その後6Kgの増加。

なので、妊娠前から比較するとー3Kgの為余計目立たなかった様です。

 

前回更新の後から、どんどんつわりが酷くなり、

仕事も休みがちに。

不妊治療で頻繁に仕事を休み、周囲の人に迷惑をかけ続けた上、

つわりで仕事に行けず、有給も使い果たしたころ(つわりは体調不良ではないので傷病休暇が使えない!)

尿検査でケトン体がマックス検出され、点滴治療が必要になり

やむなく診断書を書いてもらい「休業」する事となりました。

上司(男)は「自分の体とお腹のお子さんを最優先に考えて。心配しなくても大丈夫だよ」といってくれましたが。

実際に休みの間、フォローしてもらう職場の先輩達は女性が2人。

2人共、ひどいつわりは経験したことがなく

「つわりで会社休むんだ・・へぇ〜・・・」っていう空気が。。。(泣)

(そんなときって、男性よりも女性の方がシビアだなーと思います)

 

妊娠中期の半ばまでつわりに苦しみましたが、その後は順調となり

お腹のお子も、平均よりもやや大きめサイズの男児で胎動で働く母を激励してくれていました(ありがとう!君の元気が母の元気の源だ!)

産休入る前は、仕事が終わるともうグッタリで職場ではなんとかキープしていたものの

家に帰るやいなや、すぐ横になる生活が続いていました。

 

お休みに入りましたが、とっても疲れやすく

少し家事をしただけでもクタクタ。

産休に入ったらやらなければ!と思っていたあれやこれがなかなか捗らず

ちょっと焦り気味です^^;

 

そんな、産休に入ったらやろうと思っていた事の一つがこのブログの更新です。

ちなみに「不妊治療」カテゴリのままとなっています。

 

自分が不妊治療を始める際にたくさんの不妊治療ブログを参考にさせていただきました。

不妊治療や高齢出産に関して自分が経験して感じたこと等をこれから書いていけたらな・・と思います。

 

10W 出産予定日確定と母子健康手帳

1月の後半、10Wの検診を受けてきました。

 

エコーでお腹を見ると小さな小さな黒い丸だった物体が

確かにヒトガタになって、パタパタ動いている様子が。

手っぽい部分、足っぽい部分を一生懸命(?)パタパタ動かしています。

その様子がとっても愛おしくて。

 

エコーの後、先生から

「ねぇ、まだ母子手帳貰いに行ってないよね。これから看護師から色々説明あるけど

母子手帳貰いに行って、大至急妊娠初期検査受けてくださいね」と言われました。

(先生は週によって変わるのですが、この日はちょっと苦手だな〜と思っている女医さんでした^^;)

 

その後、看護師さんから今後の検診の流れや詳しい既往症の確認、母親学級についてなど様々な説明を一通り受けました。

 

いよいよ、母子手帳を貰うのか・・・。

 

不妊治療を始めてからは様々な検査や子宮ポリープの手術、

採卵や移植、頻繁に有給を取っての都内まで通院、どんどん膨らんでいく治療費。

いつ終わるんだろう、日にちが過ぎるほど不安が大きくなって押しつぶされそうでした。

 

役所に行って母子手帳を受け取って、

やっと本当に授かったという実感が湧いてきました。

 

 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

心拍確認その後

またまた久々の更新になりました。

 

年が明け、心拍確認にKLCに行ってきました。

受付をすると「血液検査」の指示が。

おや?血液検査あるんだー、と思って10階に行くと

血液検査ではなく、尿検査でした。

ほほう。尿検査があるのか・・・。

その後、内診。

中々呼び出しがなくてとってもヤキモキ。

 

この頃、ツワリが始まっていてトイレに行ってはえずいて・・・

待ち時間がしんどかった。

やっと呼び出された内診室。

ドキドキマックスで待っていると、

「はい、入れますよ〜」

モニターにはまるい影と脇にちょこっと何かが。

「まるいのが胎嚢ですよ。ほら、隣で動いているから見えますか?」

あ、本当だ!ピクピク動いている♪

 

診察室で、「卒業、おめでとうございます。紹介状もほとんど出来ていますからね」と

女性の先生。

その後、卒業後のアンケートについてナースから説明を受け

お会計後・・・・

 

KLC卒業です。

 

内診のあとからずっと、涙が溢れそうになり必死に堪えていました。

不思議とツワリも少し引いていたような。。?

 

そして、その後は伊藤病院に直行。

ツワリもしんどいし、どうしても1日で完結させたくて焦って表参道へ。

原宿で降りてひたすら歩く。

たった1駅程度の距離がしんどい。

人混みで気持ち悪さ増幅。

ああ、都会の人はみんなこんな状態で通勤しているんだなと思いながら

伊藤病院に到着。すぐトイレに直行(苦笑)

 

伊藤病院も卒業・・かと思ったら継続でした^^;

1ヶ月後にまた来てくださいと。

ここで初めて甲状腺機能低下症だったのかと判りました。

(正直、自分が亢進症なのか低下症なのかよくわかっていなかった・・・)

 

ヨレヨレになりながら、この日は贅沢に新幹線を使って帰りました。

(普段は特急つかってます。倍、時間かかるんですよ〜)

 

第一関門突破・・・・。

次は「9週の壁」が待っています。

 

産院を「体外受精、初産」という理由で断られてから

自分が一般の妊婦さんよりもリスクが高いのだなと、

強く感じています。

 

今は、本当にツワリが酷く会社もほぼ2週間休んでしまい

点滴も2回打ちました。

体重も8キロ減った・・・。

このつらいつらいツワリはお腹の子が元気に育っている証拠・・と信じて今は耐えよう!

 

近々、地元の産院で「予定日を決めましょうね」と言われています。

どうか、無事、「9週の壁」を乗り越えて

予定日が決まりますように。。。

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

家族への報告

さて、新年明けて実家に挨拶に行ってきました。

 

miel夫婦は共に実家が近い為、毎年必ず両方の実家へ行っています。

ただ、今年は悪阻があまりにもつらくてどうしようかと思い。

不妊治療の事は両親には話していませんでした。

なので、出来たらもう少し安心できる状況になってから話したいところですが、

あまりにも悪阻が酷く早々に退散したかったため、夫婦で話し合った結果、妊娠報告する事になりました。

 

オットちゃんの方は…オットちゃんの兄が既に2人の子宝に恵まれているため

びっくりはしたものの落ち着いた様子でした^_^

 

そしてmielの実家は…無事産まれてくれたら初孫となる訳で(多分孫は諦めていた)、すごい喜んでいました。

 

(父)「おい、初孫だぜ!!」

 

や、やばい。まだ心拍も確認出来ていないのに…

慌てて、

「まだ、本当に初期の初期だから、無事に産まれるかわからないし、心拍確認もまだだから!」

と言ったけど…父、聞いてないし。

きっと流産なんて一ミリも思いつかないんだろうな。

母は、産婦人科の看護師もしていたし、すぐ状況飲み込んだらしく「そうだね。なるべく暖かくして冷やさないようにね」と言ってくれました。

 

あー、言ってスッキリしたのもあるけど、余計心拍確認が怖くなってきてしまった。゚(゚´Д`゚)゚。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

悪阻はじまり、産院急遽決める

先日から、ツワリ始まりました…(;o;)

 

胸が常にムカムカ…

脂っこいものが食べられず、

以前は脂っこいと思わなかったおいなりさんまで脂っこく感じるように…

食べると吐くまで収まらず、吐いた後一瞬楽になるけど、すごい空腹感に襲われる…

昨日から、飲み物飲んでも吐いてしまい

今日、仕事中に手の痺れを感じて急遽病院に行く事にしました。

 

そして、現在点滴中です。ちーん。

 

 

せっかくなので、以前からお世話になろうと考えていたクリニックに電話しましたが

体外受精で初産の方はリスクが高いのでちょっと…」と断られてしまいました!!

そんな理由で断られるとは…びっくりです(´;ω;`)

妊娠に至るまでの経緯が少し違うだけなのに…ショックだなぁ。悲しい気持ちになってしまいました。

 

という訳で、不妊治療の専門科も併設している割と大きな病院に行く事にしました。

そこは、口コミも良いのですが自宅から車で40分。少し遠くてさらにいつでも激コミ。なので、候補ではあったけど第2候補でした。

まだ、KLCの紹介状もないし、急だったので心配でしたが、すぐ対応してもらえて一安心。

とりあえずエコー見るよーって、内診開始。長細かった胎嚢が、コロンとまん丸になっていました。

うんうん、順調だねーって。

また、調子悪くなったら休診の日でも来ていいですよー、ただ電話してからきてねーって気さくに言っていただきました。

点滴始めて4時間経過。

大分楽になってきました。

脱水症だったらしいです。

 

こんな形で、産院が決まるとは思っていなかったけど、安心できる病院に決まって何はともあれホッとしました^ ^

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

5周期目 BT17 胎嚢確認

胎嚢確認に行ってきました。

本当はBT16で確認日だったけれども、

お仕事の都合で翌日になりました。

 

まず、KLCに到着後、カードを受付の機械に通すとはじめての指示。

「4F 待合室」

え?それってカード通したココですよね?

40分くらい待機していると、「内診室前」の呼び出しモニター表示が。

ほうほう、血液検査は無いのね。

 

内診室前でしばらく待っていると呼び出しが。

 

消えてなくなってたら・・・どうしよう。。。。

 

 

そんな不安な気持ちでいっぱいでしたが、

エコーで見ると、

ありました!!なんか黒い長細い物体が。

先生が大きさを測ると「14.7mm」でした。

 

カーテンの向こうから

「ちゃんと育ってますよ〜」

女性の中国系の先生でした。

 

診察では

「遠くから通っているみたいだから今日で卒業にしますか?」と聞かれました。

 

mielは、心拍確認次第、伊藤病院に行かねばならぬ事情があるため

先生と相談して、来年年明け後、伊藤病院が開業している日に合わせて心拍確認をしてから卒業することにしました。

次回、紹介状書くから産院決めておいて下さいとの事でした。

 

 

とりあえず今のところは順調。。

どうか、心拍確認も無事できますように。

 

そうそう、最近の体の変化。

眠気に襲われがち。。です。

そして、今日から急に胸がムカムカして料理したくなくなりました!

これはつわりの始まりなのか?

 

少し様子見です^^;

 

 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

5周期目 BT7 判定日

先日、判定日でKLCに行ってきました。

 

基礎体温がガタガタで、すごく下がってしまい

こりゃー無理だぁ。。ということで一人で行ってきました。

(我が家は病院から遠く、交通費だけでけっこうかかっちゃうんです)

 

10:30 受付し、すぐに採血。

そこから・・・・待つこと約2時間半。

やっと診察室へ呼び出し。

普段も混んでいますが、年末は特に混み合いますね。

 

ずーん、と暗い気持ちで席に座ると、先生から一言。

 

「おめでとうございます。結構いい数字でてますよ。」

 

 

ええええええっ!?

 

診察室で思わず素っ頓狂な声をだしてしまいました。

 

検査結果を見ると

Hcg 130.5

 

「次回は妊婦健診で予約してくださいね」

 

う、嘘だろ・・・

 

「先生、基礎体温がすっごく低くなっていてもうダメだと思っていたのですが・・」

 

と呟いたら

 

基礎体温は当てになりませんから。今日からつけなくていいですよ」

とのこと!?

 

震える手で旦那ちゃんにラインしました。

その後もしばらく震えが止まりませんでした。

まだまだ、安心はできなくて、次回の胎嚢確認そして、

またその後に心拍確認・・・

不安はたくさんありますが。。

 

暖かくして、重たいもの持たないように気をつけて。

なるべく毎日、笑って穏やかに過ごそうと思います。

 

 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村