miellogの日記

40歳目前に不妊治療を開始、KLCに通院し第1子を授かりました

40歳目前に不妊治療始めました。現在、KLC(加藤レディースクリニック)に通院中。

病院へ行こう!

今、3回目の採卵に向けてリセット中ですが、

少し時間を遡って過去のことを書いています。

昨日からの続きです^^

 

初めての生殖医療婦人科

2016年11月。

不妊検査のため、病院に行く事になりました。

ダンナちゃんに、話をすると自分も一緒に行くと言ってくれました。

 夫婦そろって行くのははじめてです、生殖医療婦人科。(そりゃそうだ)

病院のホームページを見ると、新患は「生理3日目の来院をお勧めします」と書いてあったため 生理3日目に予約し来院。

独特の雰囲気の待合室。

婦人科なのに、結構待合室に男の人がいるのが新鮮でした。

 受付で「基礎体温測っていたら提出して下さい」と言われて、携帯のルナルナの画面を差し出したら「こちらの基礎体温表に直近3カ月分、書き写して下さい」と、基礎体温ノートを渡される。

 ぎょえー、だってさあ、ここって書くテーブルとかないじゃん?

膝の上で、すっごく細かな基礎体温を震えながら書いて受付に提出しました^_^;

 はじめて不妊治療受ける際は、是非、基礎体温ノート作っていきましょう〜。

(一部の病院ではルナルナとデータ連携できるみたいですねー。羨ましい)

 そして、診察室へ呼ばれます。

 

不妊検査あれこれ 

診察室に呼ばれると、院長先生が病院の治療方針や検査について説明してくださりました。

 生理3日目での受診の場合、ホルモン検査等の血液検査がかなりの項目まとめて出来るとのことでした。

結構な量の血液を抜かれるんですね〜。びっくり。

内診室で超音波検査を受けますが、この時はまだ内診慣れ(笑)していなかったので緊張してしまい、痛かったなぁ。

オットちゃんは精液検査です。別室で採取。

ナイーブなところがあるオットちゃんなので、こんな病院で大丈夫か!?と心配したら

あっけなく採取しておりました^^;

 自分だけ診察室に呼ばれ、子宮卵管造影検査の予約を入れるよう促されました。

あの時は、子宮卵管造影検査の予備知識なく、痛い検査だなんて思ってもみなかったな^^;

しばらく待合室で精液検査の結果を待ちます。

 

つづく

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村