miellogの日記

40歳目前に不妊治療を開始、KLCに通院し第1子を授かりました

40歳目前に不妊治療始めました。現在、KLC(加藤レディースクリニック)に通院中。

1周期目 授精確認と凍結確認

今、3回目の採卵に向けてリセット中ですが、

少し時間を遡って過去のことを書いています。

昨日からの続きです^^

 

授精確認の電話

採卵翌日、14:00に授精確認です。

仕事中、ちょっと抜け出して電話。ラッキーな事に2回目で繋がりました。

3つの卵のうち、1つは破れてしまい廃棄になってしまったとの事。残り2つは無事授精^ ^

翌日の8:30に、凍結確認の連絡をするよう言われました。

 

マイペースを貫く我が卵

翌日、8:30に電話するも分割スピードが遅くまだ凍結出来ず。また翌日10:30に電話するようにとの事。

そうか、遅いのか…

KLCの本によると、良い卵は分割スピード早いって書いてあったなぁ。

でも、miel本体がぼんやりしているひとだから、卵ちゃんもきっとぼんやりマイペースな子なんだね。と、言い聞かせる。

翌日10:30に電話。分割胚、無事凍結〜っ!

ああ、時間がかかった我が卵ちゃん。

培養3日かかってとりあえず、一個凍結〜。

残りの一個は、胚盤胞まで培養後凍結の為、4日後に電話確認になりました。

 

胚盤胞の壁

4日後、電話確認するも途中で分割をやめてしまったので中止になりました。との事でした。

やっぱり、胚盤胞まで培養は分割胚より難しいのだろうな…と、改めて思いました。

 

つづく

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村