miellogの日記

40歳目前に不妊治療を開始、KLCに通院し第1子を授かりました

40歳目前に不妊治療始めました。現在、KLC(加藤レディースクリニック)に通院中。

検査結果と卵管造影検査

今、3回目の採卵に向けてリセット中ですが、

少し時間を遡って過去のことを書いています。

昨日からの続きです^^

 

検査で不妊であることが判明

一通り、当日にわかった検査結果について説明を受けました。

内診では問題はなかったこと、ホルモン値等も異常はなかったとのこと。

ただし、オットちゃんの精液検査が引っかかってしまいました。

数値からすると、体外受精しかも、振りかけではなく顕微でなければ受精は難しいとの判断でした。

1回の検査では断定はできないが、数値的に「多少の改善」では問題は解決されないので治療としては体外受精を視野に入れて説明会に来て欲しいとのことでした。

診察は一通り終わり。

帰りに処方箋を渡され、「不妊治療の薬」を服薬するように言われました。

薬についての説明は病院ではありませんでした。

部外薬局に行き、初めて薬剤師から投与される薬が

「ゆるいタイプの排卵誘発剤」であることが説明されました。

その後の検査、卵管造影検査

不妊の原因が判明したとはいえ、mielの方の検査はまだ続きます。

mielにも原因がある場合はやはり対処が必要だからです。

日を改めて卵管造影検査を受けました。

それまでに日数があったため、見なければ良いのにネットで検索。

この検査、超イタイらしい・・・・

恐れをなしながら検査に向かいました。

今考えると、この「恐れをなしながら」というのがいけなかった。

私が受けた病院は

  1. 子宮内にチューブを固定し、粘性の高い油性の造影剤を注入
  2. X線で造影剤が子宮〜卵管〜腹腔まで広がる様子を観察する

という方法でした。 (他にバルーンを入れたりするところもあるようです)

特殊なレントゲン機材(だと思います)のあるベットに下半身裸の状態に

持参したバスタオルをかけ、足を開きます。

しばらくすると、女医登場。

造影剤を入れるチューブを子宮へ入れていくわけですが、これが痛かった。

緊張すると膣が閉まってしまうため痛さ倍増。

「あ〜、やってらんない!全然入んない!力抜いてよ!自分が痛くしているんだからね!」と女医にキレられる始末。(この女医さんはよくキレる人らしい)

中途半端なところでチューブを放置され

「ほら、私何もしてないの見ているでしょ?あなたが勝手に痛くしているんだからね」

と怒られる。(本当よく怒る女医さんなんです)

そんなこんなでチューブがやっと入ったと思ったら、今度は造影剤が注入され。。

キューっと下っ腹に痛みが。

「ほら、モニター見て。右側の卵管は通って流れ始めているね。でも、左はなかなか流れないなぁ。ちょっと勢いよく入れるから我慢してね。」

キューっと、激痛が走ります。

いてててててててて!

傍にいた看護師にすかさず体をぐいぐい抑えられる。

ぴゅーっと造影剤を押し込まれ、右側の卵管にも薄ーく流れ始めました。

「良かったね。通りましたよ」

以上で痛い痛い、卵管造影終わり。

ふぅ、痛かったなぁ!

今思うと、この時の痛みは採卵と比べたら全然へーき!という感じでしたが、まぁ、痛かったなぁ。

 

つづく

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村